2013大石田まつり 最上川花火大会
[初観覧]
2013.8.16開催分 ※山形県北村山郡大石田町


 連続観覧7日目は「大石田まつり 最上川花火大会」。正午前に現地到着して観覧場所を探してはみるものの、歩道上の平らな場所は既に全滅。残っているのは上記写真の斜面と目の前に草が生い茂っている砂利道部分のみでした。やはりこのエリアではかなりの大型大会で場所取り熾烈なんだと改めて実感。それにしても目の前を雄大に流れる最上川光景に感動。


 此所、大石田町は「紀文創業者生誕の地」なのだそうで、故人は愛郷の人として立派な方だったと現在も尚語り継がれており、没後24年経った2013年度は「創業者生誕百年祝」のベスビアススターマインが打ち揚がりました。僕が住む神奈川とは違って、きっと町民同士のコミュニケーションが厚い地区なのだろうな、なんて思いながら観る花火……。そういえばこの近くの出身という方が伊勢原市に住んでおられる。やはり義理堅い素晴らしい人柄の方。


 花火打ち揚げは、株式会社 和火屋さん、有限会社 安藤煙火店さん、株式会社 北日本花火興業さん、株式会社 小松煙火工業さん等、そうそうたる方々がご担当されています。
 尺玉はかなりのボリューム。スターマイン、音楽花火、メッセージ花火等、多彩な花火が次々と打ち揚がりました。


 ラストは大石田まつり 最上川花火大会最大の名物花火「町民号」。2尺玉10連発!! お盆でかえってきていた魂が、この花火に導かれるようにまた昇っていくようで、無性に泣けた夜でした。


町民号打ち揚げ映像(2尺10連打)




 ☆花火写真:iroha ☆ビデオ撮影:hanabibito
 2014.7.8 観覧記公開。