2012 弁天島海開き花火大会
2012.7.7開催分 ※静岡県浜松市舞阪町


 午後1時付近に現地到着です。会場は風がかなり強く、砂の重し袋をいっぱい載せているブルーシートでさえまくれあがってしまうほどの風。結局、夜になっても風力は収まらず、終始きっちりと強い風が吹きまくった一日となってしまいました。

 全28ページA4版中綴じ製本の立派なプログラムはなんと無料。ページを捲ると、ひとつひとつのプログラムに玉名と担当煙火店さんが記されていて、相変わらず超丁寧なプログラム。花火愛好家にとっては立派なテキストですね。
 きれいな星たくさんありました。新作の花火もたくさんありました。中でも、スマイルが出た後、他の残りの星が発光する「スマイル入暗紅牡丹」は、斬新でかわいくてすごかったです。

 会場いっぱいのお客さん、露店もズラリといっぱい、皆、思い思いのスタイルで初夏の花火を楽しんでいました。何かしら例年よりも観客のテンション高かったな。気付いてみれば、僕も確かにテンション高かった。きっと、こんな先行きが不安な世の中だから、花火が打ち揚がっていることが平和的で嬉しかったのだと思う。もしかしたら、他の観客さんもそうだったのかな。

 今宵、割物が染み入った。割物の力を再認識。2尺玉は今年度も2玉披露された。さすがとても雄大で、歴史ある弁天島海開き花火大会に相応しい勇姿。弁天島の益々の商売繁盛と海の安全が祈願されたかのようで、とっても感動させていただきました。




 ↑帰り道、会場にほど近い「福ちゃん」(国道1号線沿い)で定番のラーメン食。濃厚でとても美味しい。とてもオススメです。
 ↓ピントが甘い動画になっちゃいました。この日はSONY-CX550を使用してたのですが、ズームして広角に戻したときに、一旦マニュアルフォーカスを解除してオートフォーカス状態で∞を確認、再度マニュアルに戻すという手順を踏まないとダメみたい。以後、気をつけます。
 トップの写真(iroha撮影)は、中日新聞東海本社さんご提供の特大スターマイン。


中日新聞東海本社さんご提供の特大スタマ




 ※2012.7.9 観覧記公開。