2012 ひたちサンドアートフェスティバル
劇場型花火[初観覧]
2012.7.15開催分 ※茨城県日立市


 或る花火愛好家さんからこの大会のことを教えていただき、めでたく初観覧することができました。この催し、今回で3回目の開催なのだそうです。
 イベントタイトルのサンドアート(砂像※さぞうとも言うそうです)ですが、実物を初めて見ることができました。想像以上に大きなもので、且つとても繊細で驚いちゃいました。制作にも一ヶ月を費やすのだそうです。
 メイン会場は大小2つのステージと多数の模擬店(地元商店会の方々が出店)が並び、ステージイベント以外にも、バナナボートや遊覧船搭乗、パラグライダー体験等々で賑わっていました。その中で食した「けんちんうどん」。具沢山で300円!! おいし!!
 それからね、会場近くにある日帰り入浴施設「湯楽の里 日立店」さんへも立ち寄りました。160度パノラマオーシャンビューの露天風呂でサイコーでした!! 



 花火打ち揚げは野村花火工業(株)さん。2曲計約6分間に及ぶ音楽シンクロ花火で、最大8号の割物花火が組み込まれておりました。
 野村花火工業(株)さんの花火は可憐で聡明で可愛らしいので、スローバラードな曲がメチャクチャ合います。野村さんの花火を観ていると、心の中の純粋な部分がちょこんと出てきてキュンとします。添付動画をぜひご覧になってくださいね。
 願わくば、さらに大きな予算がついて、花火がもう少し長く観れたらなぁと、贅沢なことを思ってしまうのです。主催者の皆様、素敵なイベントと花火をありがとうございました。

 花火が始まる前、ボランティアスタッフさんの可愛らしい女性に東日本大震災時のことを訊きました。ここにも津波が押し寄せ、港近くに住んでいた友達の家のものがすべて海に流されてしまったとのこと。午後、イベント会場を離れ、町中を歩いてみましたが、地震の影響と思われる地盤隆起などを目にしました。会話できた女性に神奈川から来たと告げると、遠いところから来ていただきありがとうございます、との嬉しい言葉を頂戴しました。優しさをありがとうございました。


ひたちサンドアートフェスティバル
劇場型花火ノーカット映像




 ※2012.7.17 観覧記公開。