2009全国新作花火競技大会
2009.9.5開催分 ※長野県諏訪市


 諏訪市役所にクルマを停め、正午前後には有料自由エリアの石彫公園ゲートに並んだのだったが、とても最前列が確保できる順番の位置じゃなかった。ここの公園内は座る場所がとても難しい。それは、いつの間にか前方が通路になってしまったり、電線があったりと、観覧中終始ベストな場所は極少な印象。ゲートオープンされてあたふたと一所懸命走ったけれど、う〜ん、2列目3列目といった場所しか取れない。もう迷ってる時間もないので、仕方なくその中でも最善であろうと思う場所にシートを広げ始めた。がだ、最前列を確保されていた花火ファンの方が、「ここ、使われます?」と信じられない慈悲のお言葉。「えーっ!! いんですかぁ」と、“い”がひとつ足りない喜び全開の僕のリアクションに、ちょっと引きながらも「いいですよ。連れが向こうに場所取ったというので」とおっしゃってくださった♡ オ〜なんという幸運。譲ってくださった花火ファンさん、その節はたいへんにありがとうございました。

 石彫公園の最前列を、思わぬ幸運によってゲットした余韻に浸っていると、先輩花火愛好家さんから着信。「うなぎ一緒に食べない?」とのありがたいお誘い。う〜、うなぎかぁ……、うなぎはそりゃ食べたいが、なにせ高価だもんねぇ……。確か諏訪湖とか岡谷って、鰻が評判だと聞いたことあるから、結構値はするよね、きっと。な〜んて考えながらも、おくちは「いいですねぇ、行きます、行きます」。
 お店は石彫公園から歩いてすぐの、「うなぎ専門店 うな藤」さん。う、うまいっ!! 一緒に入った愛好家さんは、味にはちょいとうるさい鰻マイスターなお方。そのお方もにっこり笑って「うまいっ!!」。目出度く、お墨付き入りました。



 2009年の全国新作花火競技大会は、すごくいい天気に恵まれた。風向きも風力も申し分なかった。さすがは諏訪湖、どこもかしこも超満員です。ボリューム満点なオープニングスターマインで、良風の中、大会は開幕された。


2009全国新作花火競技大会オープニング




 2009新作は競技規定が変更となった。ここ数年は5号玉5発+10号玉2発だったが、2009年度は2.5号玉15発+10号玉2発での競技となった。競技規定変更の理由は、「マンネリ化解消のため」というのが公式的なアナウンス。
 諏訪湖新作は、花火技術の発展などを目的に開催されていて、従来の概念にとらわれずに、自由な発想の創造花火で競われる。そのコンセプトは、花火好きにはとても嬉しいものだ。非常に興味深い。この晩も、とてつもなく美しい花火が打ち揚がった。芸術花火は一期一会。観ていてつくづくそう思う。
 添付映像は2009出品作品のダイジェスト。10分44秒もの長い動画ですが、お時間のあるときにぜひご覧になってみてください。※再生されると表示される広告は、広告欄右にある×をクリックすると消えます。


2009全国新作花火競技大会出品作品ダイジェスト




 以下は競技の合間に披露された、豪華なスターマインの数々。結晶花連打、美しいです。諏訪湖の夜空に一番輝かしいのは、やっぱりさすがな小口さまのスターマイン。



「日本の美・和心」


「百花繚乱 湖上の舞」「ファイヤーフェスティバル」


「Star Maker」




 そして、諏訪湖の夜空に特等輝かしいのは、やっぱりさすがなKISS OF FIREですね。
 ※映像は編集したもので、実際の打ち揚げ時間よりも大幅に短縮されています。


KISS OF FIRE




 ※2010.3.21観覧記公開。