2009長島スパーランド花火大競演[初観覧]
2009.8.30開催分 ※三重県桑名市(長島スパーランド)


 常総を観覧した後、住処の神奈川を気合いを入れて通り越し、刈谷ハイウェイオアシスで仮眠後、長島スパーランドまで走ってきた。やけに絶句的なジェットコースターが鎮座してるじゃんね〜。なんて立派な、とても乗車無理なレールレイアウトに苦笑い。
 長島スパーランドの「花火大競演」は念願の初観覧。ここは絶叫系アトラクションが充実している遊園地エリアを中心に、プール、アウトレットショップ、日帰り温泉、ホテルなどが点在する一大テーマパークスポットで、18回(8月〜9月※2009年度)もの花火大競演が開催される。この日の打ち揚げ担当煙火店は磯谷煙火店さま。(※開催日により担当煙火店が変更となる)
 ここは花火観覧会場に入れる時間(ゲートオープンの正確な時刻を忘れてしまったが、確か開演1時間半ぐらい前だったような記憶)が決まっているので、花火のみが目当てならば早く到着する必要はないのかもしれないが、でもさせっかくの長島スパーランド、スパと名が付いているくらいなのでやはり温泉を満喫したい。ということで、営業開始直後から「湯あみの島」なる日帰り温泉施設へと入り込んだ。

 ずいぶんオシャレでハイカラな温泉施設じゃんね、なんて言いながら長島温泉の湯に浸かる。とても人工とは思えない渓流風景の中に、いくつものお風呂が点在している。洗い場なども清潔で、シャンプー/リンス/ボデイソープは名の通ったメーカーの物だったりしてなんか嬉しい。飲食ブースは充実してるし、リラックスルームもリクライニングチェアーの他にベットエリアがあったりして驚き。休憩・お食事処の大広間では、プロの歌手による歌謡ショーなども行われていた。
 ♪私の大事な旦那さまぁ〜♪ お〜この歌知ってるっ。そんなふうに言って盛り上がってると、一緒にいた花火愛好家さんに、呆れられちゃったりなんかして。


長島スパーランド風景





 実は、司会進行を担当された男性さんにカルチャーショック。ふんだんに解説をも兼ねるその多彩さの才能と軽快なアナウンスに、いつしかぐっと引き込まれてしまった。いろいろな大会を観覧してきたが、このムードは初のパターン。とても親近感を抱く声のトーンで、磯谷煙火店さまの花火が紹介されていく。
 長島スパーランドで揚がる花火は、テーマパーク花火とは到底思えない質とボリュームだと事前に聞いてはいたけれど、実際に観覧してみると想像以上の内容だった。天候や風にも恵まれて、磯谷煙火さまワールドがぎゅっと凝縮されている内容にびっくり。磯谷さまの決め玉連打や8号が入ると、とってもきらびやかで、すっげー夜空。

 今回は「湯あみの島」に入り浸りだったので行けなかったアウトレットショップや遊園地エリア。壮絶絶叫マシンには乗れないけれど、プチ絶叫ぐらいならばまだ乗れるし、アウトレットショップでゆっくり買い物もしたい。まあね、体力回復を理由にまた湯あみの島コースかもしれないけれど、次回観覧チャンスが訪れたときは、さらに長島スパーランドをぐるりと満喫しようと思っています。


花火大競演 8/30ダイジェスト


8/30花火大競演フィナーレ




 ※2010.3.2観覧記公開。