2008 新町花火大会
2008.8.17開催分 ※1日延期されたため。 ※群馬県高崎市新町


 最初から新町に行かなかったことがバレてしまいますが、新町開催予定の8月16日、僕は山梨の河口湖(上の写真※時間が早い段階で撮影。開始時は超満員)におりました。大会名は「第2回 真如苑・河口湖灯篭流し」。
 真如苑さんという宗教団体の催亊にて、30分間ほどの花火が河口湖畔で打ち揚がるとの情報を得ました。
 添付映像はダイジェスト映像。全体的なボリユームは多いものではありませんでしたが、ラストは盛大に打ち揚がり、大きな歓声がこだましました。
 終了後、携帯を確認すると愛好家さんからメールが入っていました。「新町は豪雨のため明日に順延となりました」と。


2008真如苑・河口湖灯篭流し ダイジェスト






 で、上の写真が豪雨から一夜明けた新町の花火会場です。この一帯の豪雨はニュースにもなったくらいですからそのすさまじさは想像つきますが、昨日から新町にいらっしゃる愛好家さんに改めて訊くと、恐怖すら感じる量の雨だったとのことでした。
 天候はこの日も不安定で、弱い雨だったが降ったりやんだりを繰り返していました。集まった顔見知りの愛好家さんと、橋桁の下で雨宿り。冷たい風がピュ〜と吹き抜ける。真夏だというのに寒いのなんのって、風邪ひいちゃいそう。 
 それにしても、8月に入ってからというもの天候が悪すぎる。相変わらずゲリラ豪雨なるものが頻発し、ベストコンディションでの観覧が極めて少なく振り回されっぱなしだもの。

 2008新町は、翌日順延で定刻にスタートされました。始まった途端、菊屋小幡花火店さんの世界に魅せられていきました。
 こんな書き方をするとちょっとヘンかもしれませんが、菊屋小幡花火店さんはどこで花火を揚げても菊屋小幡花火店な訳で、大舞台でワイドに揚げる菊屋小幡花火店の世界もそれはそれは素晴らしいのだけれど、オーソドックスなここ新町スタイルもまたまた素晴らしいのです。色々なアレンジの小幡さんワールドを観覧していますが、いつだってどこだって、そこには菊屋小幡花火店のアイデンティティが強靭に貫き通され、常に花火品質が高次元に保たれているところがあまりにも尊く素晴らしいのです。

 この日の日中、ある大会関係者さんから電話を頂き、教えられたテントに出向かせて頂くと小幡社長の他、新町大会関係者の方々もおられた。打ち揚げ前でお忙しいことと思いながらも、ご挨拶だけさせていただきました。
 そのとき、とても感動したことがありました。それは、菊屋小幡花火店さん担当大会の「ミサト」が、この一連の悪天候で大幅に延期になったという話しを聞いているときでした。延期日をメモろうと思い、手帳とボールペンを取り出して10月のページを開きました。でも僕はまだミサトなる大会を観覧していません。アタマの中では「三郷/美郷/美里」の文字がグルグル回る。果たしてどの字なのか……。お世話になってる大会関係者さんに、ミサトとは美しい里と書くのですか、と勇気を出して訊いたときでした。小幡社長が僕の手帳を手に取ってくれて「箕郷町」と書いてくださったのです。上に添付したスキャンデータが、そのときの小幡社長の直筆です。
 なんて気さくで優しい人なのだろうと、とっても感動しました。その手帳は僕の宝物となって、大切にいまもそっとしまってあります。


2008新町ダイジェスト




 ※2009.1.17観覧記公開。 ※2016.4.5 動画再アップ+加筆修正