2008 海の日名古屋 みなと祭花火大会
2008.7.21開催分 ※愛知県名古屋市


 人がほとんど居なくなった蒲郡でしたが、さらに1時間海風に吹かれたあと名古屋港へと向かい始めました。ナビで確認すると目的地までは48キロ。途中ファミレスに立ち寄りましたがほどなく名古屋港付近に到着しました。このとき読んでいたのは東野圭吾さんのデビュー作「放課後」。江戸川乱歩賞受賞年を照らし合わせてみると、若干25才前後でこの作品を書き上げていることになります。すっげえなぁ、と呟きながら自販機の明かりでパラリパラリ。

 場所取りを終えたあと、クルマで10分ほどの「白鳥の湯」へと向かいました。ここは今回初めて利用してみましたが、館内はとても清潔なカンジ。利用料金もリーズナブル。ただ、快適なあまりゆっくりしてると、会場付近の駐車場が満車なんてことにもなりかねないのでほとほどにしなきゃだけど。

 今回僕は5号玉のメッセージ花火に協賛させていただきました。磯谷煙火店さんの花火と、プロの方にメッセージを読み上げてもらうだけでも凄いことなのに、更に特典なるものが付いておりました。それは観覧車乗車券&レッドロブスターで使用できる1,000円の食事券。
 せっかくなので、有効に使わせて頂きました。観覧車に乗り、レッドロブスターにおいては若干現金を足してランチメニューを食しました。
 そんなこんなしながら愛好家の方々と話し込んでいると、あっという間に開幕の時刻……。

 いよいよカウントダウン。数秒前に発射音が発せられ、見事カウントゼロで尺玉が開発する演出で大会はスタートしました。

 以下に添付した映像は中盤に打ち揚がった創作花火「ダイヤのユビワ」のハイライトシーン。結婚行進曲にのり、夜空がダイヤのユビワでいっぱいになったとき、ひときわ大きな歓声があがりました。映像をよく見ていると、立爪部分を模した輪の部分がハート型に見えるもの(38秒付近)がひとつだけある。これはとっても可愛い。たぶん角度等による偶然なのでしょうが、赤星の輪の部分をハートにしたダイヤのユビワもぜひ観たいと思いました。


ダイヤのユビワ




 以下の動画は「ART OF HANABI 」。美しいです。


ART OF HANABI




 最後に添付した映像はメロディ花火。今回のタイトルは「BEYOND THE SEA〜海の彼方」。その寸分の狂いもない打ち揚げに、ただただ見蕩れるばかりでした。
 ※残念ながら音声はミュートされてしまっているようです。


メロディ花火「BEYOND THE SEA〜海の彼方」




 ※2008.10.12観覧記公開 ※2016.1.30 動画再アップ+加筆修正