2008 たまむら花火大会
2008.7.19開催分 ※群馬県玉村町


 忘れ物チェックに真剣です。明日から3日間、玉村/蒲郡/名古屋港の3大会を連続観覧する予定なのです。チェックも済ませ、いざ玉村へと走り出します。幸いにも19日の天気予報は好転されておりました。

 夜が明けたばかりの瑞々しい朝、昇り始めた夏の朝日もまだ優しい。確保した観覧場所から打ち揚げ現場を望むと、既に多くの筒が空に向かって設置されていました。“今夜、小幡さんの花火が観れる” そう思ったら安心したのか、途端に強い睡魔が襲ってきました。と同時に、先程まで柔らかだった陽射しは急激に射すような真夏のものへと変貌していくのでした。“暑いよ〜” 

 ちゃんと睡眠を摂っておくべく、会場からさほど離れていない「玉村町文化センター」へと向かいました。そこは建物が大きいため、数時間は壁際の日陰にクルマを停められるから寝やすいのです。



 たまむら花火大会は、花火好きにとっては超メジャーな大会であるけれど、全国的にはまだマイナーな大会。ひとりでも多くの方にここの花火大会を鑑賞して欲しいと思います。

 添付映像は、たまむら花火大会フィナーレの後半部分。あらゆる号数の花火を使用し、夜空に美しい花火を積み上げていく菊屋小幡花火店さんならではの打ち揚げをとくとご覧くださいませ。


フィナーレ映像 ※編集映像
現在動画を準備中です。



 ※2008.9.25観覧記公開 ※2016.1.30 加筆修正