2007諏訪湖サマーナイトフェスティバル最終日
[初観覧]
2007.9.2開催分 ※長野県諏訪市


 前日(常総市みつかいどう花火大会会場内)の日中、「明日は何処へ行くの?」と花火愛好家さんに訊かれた。一瞬「?」となりましたが何処へも行くつもりはなかったので「行かないですけど」と答えました。相手の受け答え→「そう」あれ、終わっちゃった。

「明日は何処かへ行かれるつもりなんですか?」←ボク
「行きますよ、もちろん。」←愛好家さん
「何処へ?」
「知りたい?」
「はい」
「諏訪湖だよ」
「す・わ・こ…………」

[8秒後]

「行く気になった?」←愛好家さん
「諏訪湖ってなんですか?」←ボク
「サマーナイトフェスティバル最終日」

 サマーナイトフェスティバル最終日? 正直、まるでノーチェックです。サマーナイトフェスティバル(僕は未観覧)とは、夏場の諏訪湖(8/15の湖上祭と9/1の新作時除く)で毎日揚がってる小規模な花火のこと程度は知っていました。

「行く気になったでしょ?」←再度愛好家さん
「えっ、確か10分くらいですよね、サマーナイトって?」
「いや、最終日は30分くらい打つらしいよ。でさ、情報によると消費しきれなかった玉を全部出すってことだからさ、行った方がいいよ」
「そ、そうなんですか……」←ボク
 その後いろいろあって、めでたくサマーナイトフェスティバル初観覧へ。

 日中は千人風呂で有名な片倉館で過ごした。常総観覧組と諏訪湖新作観覧組とが、片倉館の食事処で和気あいあいと合流。必然的に昨夜の花火内容の話しで盛り上がっていきました。

 この日の諏訪湖はゲートの仕切りも取り払われ、何処でも好きなところで場所取りが可能でした。石彫公園はもちろんのこと、湖上祭と新作が行われる日は一切立ち入りができない場所(煙火店用スペース)も観覧可能です。
 僕は石彫公園内の最前列に観覧場所を確保しました。この場所をもしも湖上祭や新作の時に確保したいならば、大会前夜から並ばないとなりません。

 午後はガラガラでしたが夕方が近づくにつれて来場者が増えてきました。開始30分前ともなると、石彫公園内はかなりの観覧者で埋め尽くされました。天候はバツグンでした。風向きも申し分なく、絶好のコンディションでサマーナイトフェスティバル最終日がスタートしました。
 
来て良かったぁ!!!

 愛好家さんの情報通り、とても花火密度が濃くボリューミーです。開催時間は堂々の30分。アナウンスなどは入りませんでしたが、スターマインはワイドだし、小口煙火さんの決め玉もふんだんに打ちあがりました。
 特に素晴らしかったのはKISS OF FIRE。こんなにも大型のものが、しっかりとセッティングされてるとは夢にも思いませんでした。打上終了後、花火師さんたちからのトーチが灯って大きく振ってくれました。これもまた感動でした。
 観覧できて本当に良かった。2008年度もこうなるとは言い切れませんが、サマーナイトフェスティバル最終日は要チェックの大会であることは間違いないようです。


ダイジェスト映像



Kiss Of Fire




 ※2008.1.15観覧記公開 ※2016.1.26 動画再アップ+加筆修正