2007 高崎まつり大花火大会[初観覧]
2007.8.4開催分 ※群馬県高崎市



 長岡から仮眠を摂りながらダイレクトに来てみました。到着は早かったんですが、無料駐車場となっている南小学校は既に半分以上の入庫となっていました。
 初観覧会場なので、とりあえずブルーシートを持ちながら土手道路を歩いてみます。会場を見た第一印象は、やや奥行きがコンパクトで花火との距離が近そうだな、って感じ。一通り歩き終わったのち、打上センター付近に観覧ポジションを確保しました。ここも場所取り状況は熾烈な感じです。



 さっそく町中のイベント会場に繰り出してみます。そびえ立つ市役所(最初見た時は高級ホテルだと思った)の付近では、高崎まつり本体の各種催しがところ狭しと展開されておりました。福引き会場を通りかかったのですが、何でもクルマが特賞賞品だとかであまりのスケールの大きさに驚いてしまいました。

 歩き回ってみると、何だかかなり楽しそう。和太鼓演奏や山車巡行を始め、ハローフォーラムというスペースではダンスパフォーマンスが盛り上がっているし、サークル団体等の模擬店も数多く出店されていて、高崎まつりとは大規模な市民参加型のおまつりなのだと知りました。ファミリーで来たら、丸ごと一日バッチリ楽しめそうです。

 で、僕が一番気に入ったのが上記写真の「テイストオブたかさき」というイベント。高崎で育まれる食材を使って、創作料理コンテストを行っていました。もう記憶がちょっと曖昧なんですが、確か一番高いものでも500円以下だったと思います。200円〜300円といった料理も多く、どれも食べてみたいと思わせる工夫がされていて思わずインフォメーションボードを熟読。結局、2品ほど食べたら満腹になってしまいました。



 会場に戻ってからは花火愛好家の方と歓談して過ごしました。新たに知り合った方も出来て、とても楽しい待ち時間となりました。
 天候コンディションは△といったところ。若干風力が弱い感じ。真夏なのでそれなりには蒸し暑いですけど、長岡と比べたらゼンゼン楽です。

 定刻に大会はスタートしました。花火が始まって僕は少し驚いてしまいました。それは、プログラムとプログラムの間にアナウンスが全く入らない、ノンストップ大会だったからです。開幕のアナウンスとカウントダウンが入ったあとは、プログラムNo.52のラストまで間断なく花火が打ち揚がり続ける爽快なスタイルの花火大会でした。

 想像通り花火はとても至近距離。花火打上は菊屋小幡花火店さんと紅屋青木煙火店さん。大会は規模の異なるスターマインと尺玉までの早打ちで構成されていて、スピード感溢れる感動の大会でした。特にラストは、一旦終わったかと見せかけて、観客の不意をつくタイミングで銀冠を一斉打ちする「小幡打ち」が炸裂。全観客を一瞬で魅了させてしまう「小幡打ち」は本当にカッコいいです。


スターマイン



↓スタマ&割物早打ちなど



↓「小幡打ち」炸裂のフィナーレ




 ※2007.10.29観覧記公開 ※2016.1.23 動画再アップ+加筆修正