2007 安倍川花火大会
2007.7.28開催分 ※静岡県静岡市


 今年もやっぱり来ちゃいました、安倍川花火大会。大会名の上に“大御所四百年祭開催記念”とサブタイトルが付いていて、なにやら特別な感じの内容みたいです。

 毎回同じことを書いているけれど、なんて素晴らしい会場に恵まれた大会なのだろう……。敷地は広大、いくらでもワイドなセッティングが可能と思われる横長の会場。いつ見てもホレボレとする素晴らしき花火大会会場です。そして素晴らしいのは打ち揚げエリアだけではなく、観覧エリアも最高に素晴らしい。無料で開放されているセンター後方の観覧席部分は斜面なのですが、上部の写真を見てもお分かりのように、傾斜角がとってもなだらか。長時間座ってても、ぜんぜん苦にならない。しかも花火開始1時間前になっても、余裕で座れるこれまた広大なキャパシティを誇っているのです。

 いよいよ始まりました。あの名女性アナウンスの、“スタ〜〜マ・イ〜ン”という独特の耳にこびりつく声も健在です。そして2時間後、滞りなく花火大会は終了しました。
 花火大会の構成がとても“もったいない”と思うのです。単体スポンサーごとに花火を揚げる方式を採っているため、どうしても花火が貧弱になってしまい、観客の拍手を得にくい状態にしてしまっています。また、割物早打ちが終わりきらないうちに次の小または中クラスのスターマインが揚がり始めるものだから、観客は軽い混乱を起こしてしまいます。大会トータルの花火ボリュームはかなりのものなはずなのに、小分けされて揚がってしまうためにどうしても淡々と見えてしまっています。

 他の大会が採用しているような、合同スポンサーによる大型プログラムを随所に配せば、感動はだんぜん違ったものになるはずだと思います。そしてきょうび2時間大会は長すぎる気がします。1時間くらいにして、ぎゅっと濃い密度の花火大会にしてくれたらどんなに素敵だろうと思ってしまうのです。


フィナーレ映像




 ※2007.10.9観覧記公開 ※2016.1.23 動画再アップ+加筆修正