年忘れ那珂川花火大会2007
2007.12.31開催分 ※茨城県水戸市


 花火打ち揚げ場を望むと、既に花火筒が設置されていた。この中に、四重芯引先紅光露や五重芯冠菊先緑点滅といった超多重芯の芸術玉が仕込まれ、今宵この夜空に打ち揚がるのだ。“野村花火工業” 僕はその名を見聞きしただけで体温が上がってしまう。それはいままで鑑賞させていただいた、野村作品の数々がそうさせる。大曲で、そして土浦で、野村作品はいつも感動の沸点を超えてしまうからだ。

 この大会はもちろんオフィシャルなものだけど、実際観覧してみると、とてもプライベートっぽいというかフレンドリーな雰囲気に満ちあふれています。主催者さんの計らいで年越し蕎麦やらけんちん汁などが振る舞われ、和気あいあいムードなのです。そこになんと野村社長が現れ、サイン会などもしてくれるのです。

 フレンドリームードの極めつけは、野村社長自らの解説付で花火が揚がっていくってところ。ひとつひとつのプログラムに、制作エビソードや花火の出来などをときにユーモアを交えて解説(一般的な大会では有り得ないこと)してくださる。また花火制作をされた社員さんを讃える場面などもあったりして、野村社長の人柄に触れることのできる特別な大会です。
 以下の動画はプログラムNo.1の四重芯引先紅光露。こんなにもほんわかムードで大会は幕を開けたのです。話しておられる方は野村社長です。  


四重芯引先紅光露




 大会は全37プログラム。約1時間に亘って野村花火工業さんの作品が贅沢に打ち揚がりました。天候も風向きにも恵まれて、2007年最後の日を素晴らしい花火で締めくくれた幸せを噛み締めた晩となりました。

 2007年最後に観た花火は、ワイドスターマイン「大空へ光のメッセージ」。野村社長曰く、スタッフの皆さんが苦労に苦労を重ねて仕上げた花火なのだとのコメントが入りました。2008年に夢を繋げていこうとの想いが詰まっている花火なのだ、と。その言葉通り、なんて丁寧な造りの花火だっただろうか。なんて調和のとれたスターマインだっただろうか。この模様を添付できたことが幸せです。

 2007年は体調を崩すことも無く、精力的に大会を回れた年となった。2008年もたくさんの感動に出合ってみたい。どうか素敵な2008年になりますように……。


リンクの妖精



大空へ 光のメッセージ




 ※2008.3.31観覧記公開 ※2016.1.28 動画再アップ+加筆修正