2006諏訪湖祭 湖上花火大会
2006.8.15開催分 ※長野県諏訪市


 有名な諏訪湖なので現地到着は早朝。とにかく場所取りが先決課題、さっそくシートを片手に場所探し開始。団体さんであろう大きなシート近くを避けて、小振りなシートが密集しているような場所を探し歩くこと15分、良さそうなところをなんとか見つけて無事場所取り完了。周りにはカップルシートっぽいものばかりなので、静かに花火観覧ができそうな感じです。

 それにしてもさすが諏訪湖。早朝だっていうのに、場所確保にうろつく人が相当数いらっしゃいます。既に上部写真(赤十字病院前・この写真は午後5時頃のもの)の湖畔地帯はほぼ「済」といった状況で、3人以上のスペース確保はまず無理。せいぜい2人くらいのスペースがちらほら残っているといった状態です。
 諏訪湖の場所選びはとても難しい。石彫公園内の有料自由席(午後3時開放。それまで並んでなくてはなりません)を外して考えると、打上場から左方向の赤十字病院前エリアか、右方向の間欠泉センターエリアになってしまう。石彫公園後方エリアという考え方もあるのかもしれないが、全容観覧はまず不可能だと思う。風向きにも依るのだけれど、やはり無料エリアとなると赤十字病院前に落ち着くしか選択肢がない気がする。

 適当に時間を潰し終えて、午後4時付近に会場に戻ると、何故か僕のシートの上に男性たちが……。なんと合計7人の男性グループが、UNOで盛り上がっている真っ最中なのだった。
 あなたたちが確保した場所は何処ですか? そう訊くと、ここです、と指をさすではあーりませんか。指差したそこは、なんと僕の隣の2人用カップルシート……。唖然です。

 2人用の面積に7人(それも20代前半らしき成人男性)がいる訳ですから、当然四方の場所にくい込んでしまっており、このような状況は長い花火観覧の中でも「初体験」な訳で……。
 ま、カッコつけるようで恐縮なのですが、根底には譲り合いの気持ちがあるので、シート内に入り込んできたってゼンゼン構わないのだけど、7人はありえない。で、この7人がとにかくうるさい。うるさすぎる。ずーっと喋りっぱなしだ。オトコのおしゃべりはモテないんだぞ(人のこと言えないけど)。で、輪をかけて地声がでかい奴が3人もいて、至近距離で容赦ないフルボリューム。風のない蒸し暑さの上に、疲れ&寝不足も相まってクラクラですよクラクラ。まさか、これから(既に5時30分過ぎ)他の場所を探しに出るなんてことはできる訳も無く……。

 諏訪湖は紛れもなく国内有数の大型大会。内容も、尺玉早打ち競技やスターマイン競技、2部に至っては、3基4基といったワイドスタマは当たり前だし、諏訪湖名物Kiss of Fire(揚げ方が変わっててびっくり)や、23年振りという2尺&3尺の水中花火など、その大会名に相応しいプログラムが組まれておりました。添付した映像は3基によるワイドスターマイン。煙りの影響と被った声(例の男性7人)が少ない、この日唯一の映像です。


ワイドスターマイン




 ※2006.10.11観覧記公開 ※2016.1.21 動画再アップ+加筆修正