2006豊田おいでんまつり花火大会
2006.7.30開催分 ※愛知県豊田市



 今年もこの豊田に来れたことをまず感謝し喜んだ。僕にとって豊田は、神明と同様に毎年観覧を続けている大切な大会だ。
 豊田の最大なる魅力は、洗練された大会内容に尽きる。白亜の豊田大橋と豊田スタジアムをロケーションにワイドなスターマインや芸術玉が次々と打ち揚がっていく。音響設備は野外コンサート並みのプロ仕様で、抜群にいい音質で磯谷煙火店さんのメロディースターマインが鑑賞できる。考え抜かれたプログラム構成は、もはや花火大会の枠を超え「花火エンターテイメント」の世界そのもの。ショーアップされた花火は、数十万人の観客を興奮のるつぼへと誘い、忘れえぬ感動を心の中に刻み込んでくれる。
 まさに存在そのものが日本文化の誇り的大会。年に一度の開催が待ちきれない。春や秋にも開催してくれないだろうか。それとも、新潟の長岡のように2日間、3日間連続開催はどうだろうか。ああ、想像しただけで顔が綻んでしまう。そんな素敵なことが、本当に実現されればいいのに。

 あなたにとって夢の花火大会とは何? と訊かれたら僕は即答でこう言う。豊田おいでんまつり花火大会で行われた、過去10年間のメロディ花火再現大会だと……。

 プログラムナンバー1 1997年に打ち揚げられたメロディ花火
 プログラムナンバー2 1998年に打ち揚げられたメロディ花火
     ↓
     ↓
 プログラムナンバー10 2006年に打ち揚げられたメロディ花火

 すごい!! 想像しただけで胸が熱くなってしまいます。

 で、お詫びです。添付した映像なのですが、メロディ花火「a question of honour」(6分超え)のほんの一場面しか撮れていないのです。ごめんなさい。


メロディ花火の一場面




 ※2006.9.21観覧記公開 ※2016.1.19 動画再アップ+加筆修正