年忘れ那珂川花火大会2006
2006.12.31開催分 ※茨城県水戸市



 那珂川に向かう車内はやけに賑やかなのだった。僕の他に、珍しく4人もご乗車されていて、さながらミニバスツアーの形相を呈しちゃってる。年齢に合わせ!? BGMは60年代の懐メロ。「♪わっすれられないの〜 あっの人が好きよ〜」と、軽快な懐メロとともに、おにぎり・さきいか・おせんべいが飛び交うなごやかムード。さすが大晦日とあって交通量も少なく、いつもは混んでいる首都高も快調だった。天気はバツグン。2006年最後を、野村花火工業さんの花火で締めくくれるなんて、「年忘れ那珂川花火大会」はなんて粋な計らいをしてくださるのだろうか。

 途中、食事休憩をして、現地到着は午後3時30分前後の頃だった。既に土手道路上は三脚がズラリ。何も知らない人がこの光景を見たら、どこの有名芸能人が来るのかと勘違いしてしまうくらい壮観。三脚の数の多さは、花火大会の質やレベルを知るいいバロメーターと言えると思います。

 那珂川は、上の写真のクルマが写っている場所一帯に駐車することができる。観覧エリアと駐車場とが「同一」という、この季節ならではの計らい。なのでドライブシアター状態で花火鑑賞が可能といえる。打上中及び打上前は、周りの人に迷惑がかかるのでエンジンかけっぱなしは遠慮してもらいたいが、オープンカーならば乗車したまま野村花火工業さんの芸術花火を鑑賞できるという、なんとも贅沢なシチュエーションもできちゃうってことになります。

 僕もビデオカメラを回す為に三脚を持ってきているのだけど、ズンズンと許される限り前方へ。「そこじゃ近すぎて花火が画面に入りきらないぞ」とアドバイスを受けながらも、やはり素晴らしい花火は間近で鑑賞したい、というのが僕の観覧スタイル。なるべく近づいて、珠玉の花火を全身で感じ取りたいのだ。

 ほとんど誰もいない最前列に観覧シートを固定した。一旦車内に戻り体を暖めた後、お目当ての大会本部へ。甘酒やお蕎麦を頂きながら、今か今かと待ち続けること30分。いよいよ始まったよ、待ちに待ったサイン会。野村社長のサイン会でございます。
 前回は、色紙を持参してこなかったので失礼をしてしまいました。今回は売っていた中で、一番高級なものを買ってきました。野村社長に握って頂く黒マジックも、直前に封を開けた新品です。おお感激、握手もしてくださりました。なんて穏やかなお方なんでしょうか。

 大会内容はもう「見とれちゃって」の一言に。何だよ、感想はそれだけかよ、って突っ込まれてしまうけど、もう魂抜かれたって感じでした。
 この観覧記を書いているのが1月25日なのだけど、いま思い出してもうっとりするくらい素敵な夜空でした。このうっとりは、この先、何十年も持続していく「うっとり」なのだと確信できるほどに。







年忘れ那珂川花火大会2006ダイジェスト
現在、このときの動画を捜索中です。



※2007.1.25観覧記公開 ※2016.1.23 加筆修正