2006スター☆ライトHA・NA・BI[初観覧]
2006.12.24開催分 ※愛知県名古屋市


 まだ仕事や雑用はてんこ盛りに残っているのだったが、秩父の後、土日もなく21日まで働き通しだった。もう限界。気分転換のドライブを兼ねて22日に伊東温泉の「とっておき冬花火」を観覧し一旦帰宅。翌日は2006年度ラストの熱海を観覧後、そのまま名古屋に向かうという、夏さながらの元気ハツラツスケジュールを敢行しました。

 この「スター☆ライト」は念願の初観覧。いままでも来たくて仕方なかったのだが、仕事柄この時期はとても休めない。今年は開催日が日曜となり、とにかく行ってしまえばいいじゃないか、の“何とかなるさパワー”でやってきた。
 名古屋はとにかく晴天!! 嬉しさも相まって会場入口付近でもらった割引券を利用して、勢いで観覧車に乗り込んでしまった。が、すぐに後悔。ちょっと風が強めに吹いていてかなり恐い。若い頃は何でもなかったんだけど、年をとってしまったからか、かなりマジでビビった。こんなに高度があったっけかな。
 で、怖々撮った写真が上と下のもの。港全景が撮れたので乗った甲斐があったのだけど、ちょっともう次回からは恐くて乗れない感じ。もしかしたら生涯最後の観覧車乗車体験となったかもしれません。




 今日はまさにイヴ当日、ライトアップもひときわ鮮やかに見えてしまう日。イタリア村(上部写真)の23万球を誇るという「光のトンネル」を歩いてみました。アーチから降り注ぐ光は眩く、とてもファンタスティック。
 長らく見とれてしまったのは、下の写真のクリスマスツリー「スター☆ライトイルミネーション」。高さ15m、直径7.5mのツリー内には音響設備が組み込まれ、流れる音楽に合わせて4.5万球が多彩な発光バリエーションで煌めく光を放っていた。理屈抜きに素敵。




 開催時刻が迫るにつれ、花火打ち揚げ場所に一番近い場所(上の写真)は多くのお客さんたちで埋め尽くされていった。今夜、この夜空に、磯谷煙火店さんの、あの圧倒的なデザイン花火が打ち揚がるのかと思うと始まる前から胸が高鳴り始めている。

 初観覧の「2006スター☆ライトHA・NA・BI」は、サンタクロースにまつわるストーリー仕立ての内容。全体に亘って音楽とシンクロする花火で、子供たちに夢を、大人たちにほのぼのとした安らぎを与える、優しさに満ち溢れた構成だった。あっという間の30分でしたが、見応えの大きい素晴らしく濃厚の30分間でした。


2006スター☆ライトHA・NA・BIダイジェスト
現在、このときの動画を捜索中。



 ※2007.1.11観覧記公開 ※2016.1.23 加筆修正